保険相談サービスを提供している代理店は口コミサイトで探そう

男性

相続税の基礎控除額縮小

ウーマン

非課税額を上手く活用

税法の改正で、相続税の基礎控除額が縮小されました。そのため、改正前には課税とならなかった場合でも、現在では相続税が加算されてしまう人が増えているのです。そこで生命保険を節税対策に利用する事がおすすめです。生命保険の死亡保険金の受け取りは、相続税の課税対象となります。しかし実際には非課税額をいうものがあり、これを上手に活用することで、相続税の節税対策となるのです。金額によっては全額控除となる場合もあり、有効な節税対策となります。また、相続税の基礎控除額を超えてしまった場合でも、額が上がるにつれて段階的に税率も上がっていきます。こうしたことからも、いかに相続税の節税対策は重要かということになるのです。ただし加入の際には注意すべきこともあります。契約者・被保険者・保険金の受取人の設定です。契約者と被保険者が異なる場合は、相続税の対象とされず、所得税や贈与税が課される場合があります。節税対策として加入を考えた場合は、契約者と被保険者は同一にしておくことが重要となります。また節税対策としての保険加入は、遺産を分割する上でも優位に働く場合があります。保険の受け取りは、決められた受取人の固有財産となります。他の相続人と分割する必要がないために、もめ事を減らすことが可能です。相続税の節税対策には、法定相続人による分配比率を考え、それに応じて受取人と金額を設定した生命保険に加入するといいでしょう。